クレジットカード即日発行

急いで作るクレカは損?

一般的なクレジットカードですと申し込みをしてからクレジットカードが手元に届くまでは2週くらいの時間が必要です。
ゆっくりとしたクレジットカード会社では一か月近くの時間がたってから郵送で送られてくるという場合もあります。
特にクレジットカードを持つことを急がない場合ではこれで不都合はないのですが、急にクレジットカードが必要になった場合には
クレジットカードのスピード発行のサービスが役に立ちます。

 

 

希望するクレジットカードがすべてスピード発行が可能なわけではありませんが、
一部のクレジットカードでは申し込みから数日間で発行できたり、もっと早いものでは
自分で発行カウンターなどに受け取りに行かなければなりませんが、
クレジットカードの即日発行のサービスをしているようなカードもあります。
ただし、即日発行までが可能なクレジットカードはかなり少数であるとは言えます。

 

 

自分の必要としているクレジットカードがスピード発行や即日発行をしているかどうかは調べてみるべきですが、
どうしてもクレジットカードのスピード発行や即日発行が必要な場合には
そのサービスに対応しているクレジットカードから選ぶということになります。
クレジットカードのスピード発行のメリットはもちろんクレジットカードを早く手に入れることができるということにつきますが、
これがかなり役に立つ場合があるということです。
インターネットやモバイルなどのサービスを受けるためにはクレジットカード支払いしか受け付けてもらえないことがあるのですが、
このような場合にはクレジットカードの発行に2週間以上かかるということはまどろっこしい思いをすることになります。
あとは海外旅行や海外出張などが急に決まった時にクレジットカードに
付帯しているサービスを受けたい場合にもやはりスピード発行は役に立ちます。

 

 

しかし。

 

 

クレジットカードのスピード発行のデメリットととしてもいえることなんですが、
カード会社側にしてみれば、クレジットカード発行のための審査が厳しい傾向になってしまうということです。
通常よりも早くクレジットカードの発行をするということは審査にかける時間が短くなってしまうということは避けられません。
そのためにどうしても通常よりも厳しい審査をせざるとえなくなるということです。
そこでカード会社は、スピード発行対象該当カードのショッピング利用限度額をかなり低くして、
クレジットで生じるリスクを小さく設定しています。そうすることでユーザーのカードの発行までのハードルを下げて、
より多くの層のユーザーを取り込むことにしたわけです。
すべてのクレジットカードのスピード発行がそうだというわけではありませんが、
全体的な傾向をしてはクレジットカードのスピード発行すると、そのカードの付帯サービスは、
発行時間がかかるカードと比較すると、その機能性やサービスの面で制限があると考えていいと思います。

 

 

 

しかし、そういた審査をふまえても「即日で発行」するほどのメリットが、そのカードにあるかどうか。
その点については、あなたが即日で発行してまで持ちたいそのカードの価値は、
そのクレカをあなたがどいういう使い道を考えているのか、そこが大きく左右してくるところでしょうね。
いずれにしても「後々そのクレカを使うことがない、使わない」のであれば、
今、そんなに急いでクレジットカードを発行する意味はないですし、年会費の有無だけではなくて、
カードを持つことによって生じる、見えない不利益(紛失のリスクなど)も潜在的に抱えることになるんです。

 

 

 

いまいちど、あなたが大至急クレジットカードを作りたいと思うその動機と使い道を
しっかりと考えた上で、今後も使い続けてメリットがあるクレカだけを選んで申込することをおすすめします。